Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
カウンター

☆通算アクセス☆

☆現在の閲覧者数☆
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
スポンサーサイト
2008.07.18 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 大学生日記ブログへ
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
60歳以上の人材が現場で活躍中!
2008.06.26 Thursday 21:06
JUGEMテーマ:仕事のこと

今の派遣先では、シルバー人材として働いている60歳以上の人たちがたくさんいます
その中で、自分1人だけが20代
でも、むしろ同年代の人といるよりも楽しいかもしれません

ただ、傍目に見ても、体力的にも精神的にも仕事はきつそうだし
高齢者が現場で働くのに、課題がないとはいえないとも思っています
でも、このモスバーガーの例みたいに、高齢者の方々と仕事ができることで
若い世代にいい影響を与えることだって、多いと思います

課題はもちろん解決しないといけないですが、
いろんな世代が一緒に働ける世の中って、なんか家族みたいでいいなーと思いましたhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080623-00000000-jct-soci
「気配り上手は評価される 60歳以上でファストフード店で働く人」
6月23日11時55分配信 J-CASTニュース
 60歳以上の店員がたくさん働くファストフード店がある。ここでは70歳の人もいる。店側からすれば、若い人材が集まりにくいという窮余の策で始まったのだが、いまではお客に対する「気配りがすごい」といった積極的な評価になっている。
 60歳以上の店員が5分の1を占めるのは、全国展開するファストフードのチェーン「モスバーガー」五反田東口店だ。「アットホームな雰囲気がいい」と、近隣のオフィスから通う常連客も多い。人生経験の豊かな「熟年」は若い店員よりも気配りができて、気持ちの良いサービスを受けられるというのだ。しかし、ファストフードというスピード感が求められる場で、働けるのだろうかという疑問もある。モスフードサービス広報担当者は、
  「1つ1つ作りたての商品を提供し、おもてなしを重視するモスバーガーのスタイルだからできること。他のファストフード店のように右から左へと作業をこなさなければならない職場ではこうもいかないかもしれない」
という。
■若いスタッフの模範
 「モスバーガー」では注文を受けてからハンバーガーやポテトなどを作るために、待ち時間が5〜10分程度発生する。その時間を退屈させないのが、良いところだという。若い店員の場合は注文を受けた後はお客に背を向けて、作業に没頭してしまうが、「今日はお天気でよかったですね」といった会話をしてうまく間をつなぎながら作業をする。こうした気配りは店が教えたのではなく、自発的にやっているそうだ。同店の30代の店長や若いスタッフらは、「こうした姿勢を学ばなければいけない」といっているそうだ。
 広報担当者によると、五反田東口店は駅前に立地する大型店で、お客が多く訪れ、スタッフの確保が課題だった。そこで店長がアルバイトの募集年齢を60歳に引き上げたところ、59歳の女性の応募があった。採用すると、接客が見事なことがわかり、それ以降同店では採用方針を見直し、今では60歳以上が10人にも増えた。
 当時59歳だった女性店員は、10年間働いていて今では70歳。立ち仕事で体力的に厳しい面もあるが、「お客と接するのが好き」「若い人と働きたい」といい、楽しんで仕事をしている。
 こうした60歳以上の採用はもっと増えてもいいはずだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 大学生日記ブログへ
| もんしゅぎ | 生きまくった記録 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2008.07.18 Friday 21:06

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村 大学生日記ブログへ
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://korea315.jugem.jp/trackback/18